キャッシングを利用する際の注意点

キャッシングサービスを利用する際の注意点

冠婚葬祭や年末年始の飲み会が続いた際など、急な出費が立て込んだ際に便利に活用できるのがキャッシングサービスです。

 

しかし、このような急な出費の際だけに利用するのではなく、日常的に生活費の足しにするために借り入れを行うのであれば、総量規制という制度に注意する必要があります。

 

総量規制は近年新たに始められた制度であり、消費者金融をはじめとした貸金業法の基で営業を行なっている業者から借り入れを行う際に関連する制度になっています。貸金業法によって、個人がキャッシングサービスによって借入れることができる金額は、年収の三分の一までと定められているのです。

 

つまり、一社から借入れる場合でも、複数の業者から借入れる場合でも、総額として借入れることができる限度額が、予め決められているといったことになります。

 

総量規制が始められた背景として、一社から限度額いっぱにまで借入れては、次の業者で限度額いっぱにまで借入れ、そのお金を返済に回すといった、いわゆる自転車操業の状態になってしまう人を増やさないようにと始められた制度とも言えます。

 

総量規制によって、より計画的に返済のことを考量した上で、キャッシングサービスを利用する必要ができたのです。

キャッシングを申し込む

キャッシングを申し込むには、まず色々と審査を受けることになります。昔は、結構審査が甘かったのですが、最近は収入がないと貸してはいけない、と言う法律が出来たので、非常に大変です。今まで借りられていた人が借りれなくなることもあるのです。

 

まずは相談してみることです。世の中には色々な消費者金融がありますから、場合によっては貸してくれることもあります。もちろん、まったく収入がないと貸せませんが、少しでも収入があれば貸してくれるところはあります。

 

ちなみに、キャッシングは基本的に担保や保証人が必要ありません。これが特徴であると言えます。普通のローンでは担保やら保証人を必要とする場合があります。言うまでもありませんが、ないところもあります。ですから、色々と探して見ることです。

 

お金は出来るだけ借りないことはこしたことはありませんから、借りないほうがよいに決まっていますが、それでもいざと言う時の資金源はあったほうが良いです。ですから、使うか使わないかどうかは別にしてカードを一枚くらい持っていたほうがよいでしょう。

 

年会費、入会費などは掛かりませんから、安心してカードを発行してもらうことです。非常にお勧めできます。失敗しないキャッシングをするために口コミは有効です。キャッシング口コミというサイトでは利用者の声が書かれています。

キャッシング審査の在籍確認とは

キャッシングやローンを申し込んだ際に、基本的には必ず行われる審査のひとつとして在籍確認というものがあります。これは申し込みの際に記入した勤務先に、本当にその人が働いているのか、ちゃんと在籍しているのかというものを確認するためのものです。

 

どのようにして行うかというと、金融業者の担当の方が個人名で会社に電話するのですが、もちろん「Aさんが融資の申し込みに来られているのですが〜」などというようなことを話すことはなく、普通に個人名を名乗った上で「Aさんはいらっしゃいますか」といった感じで訪ねます。

 

当然申し込みした本人は現在申し込みに来ているの訳ですから、席を外しているかお休みのどちらかとなりますので、事務員等からその旨が伝えられます。それで在籍確認は終了となります。

 

在籍していなければそういった流れにはなりませんので、お休みだとか席を外していると言われればそれで確かに在籍している、ということになるのです。

 

また、この在籍確認というものはショッピングローンやクレジットカードの申し込みの際にも行われていますので、事務員などの方は日頃からしょっちゅう受け付けており慣れていますので、不審がられたりする心配はありませんから安心して申し込みしても大丈夫です。